IMG_9943

IMG_9944

商品名:ベンガレンシス

鉢底からの高さ:120cm

長寿のシンボルで、聖なる木とされる縁起の良い【フィカス ベンガレンシス】は、葉が茂り過ぎないので、上品で落ち着いた雰囲気があり圧迫感を与えません。

◆置き場所
明るい場所を好みますが、耐陰性があり明るい室内であれば十分に成長します。しかし、長期間の光線不足は樹形が崩れたり、樹勢の低下に繋がりますので、出来るだけ明るく風通しの良い場所が理想です。
冬場は寒さにも強く、通常の室内であれば楽に越冬できます。
また、霜や雪が当たらない場所であれば戸外でも管理できますが、
出来れば5℃以上が保てる暖かい室内でガラス越しの日光がタップリと当たれば元気よく越冬できるでしょう。

◆水やり
多湿を好みますので、生育期には表土が乾いたら鉢底から染み出るまでタップリと与え、葉や幹も葉水で保湿しましょう。(受皿に溜まったお水は取り除きましょう。)
20℃を下回るようになると、成長も緩やかになってくるので、秋口から徐々に水遣りの回数を控え、冬場は表土が乾いて2~3日してから与え、やや乾燥気味に管理しましょう。※育てる環境で異なります。特に冬場は室内環境に合せて行いましょう。
多湿を好み、空気の乾燥や鉢土の極度の乾燥は、落葉の原因にもなりますので、冬場でも適度にお水を与え、高温時期や乾燥期には葉水や霧吹きをして、保湿しましょう。(ハダニやカイガラムシの予防にも効果的です。)

◆肥料
5月~9月までの生育期に、1.5~2ヶ月に1回、緩効性化成肥料や月に2回位観葉植物用の液体肥料を与えます。葉面から吸収させる液体肥料も効果的です。冬場の肥料は必要ありませんが、環境が良い場所では、葉水を兼ねて、薄めの液体肥料を月に1回程度散布しますと効果的です。


kanyo-chui